UV・紫外線対策・日焼け防止グッズ

こんな紫外線にも注意!

こんな紫外線にもご注意を!

 

 

白くて美しい肌を保つためには、UVケアは欠かせないもの。私たちの普段の暮らしの中には、思わぬところで日焼けをすることも…。シーン別に気を付けて欲しい点をまとめてみました。

 

●室内の紫外線

 

室内にいると、それだけで安心してしまいがちですが、実はここも紫外線に注意して欲しいポイントです。
ガラスはUV‐B波を多くカットしてくれるのですが、肌の老化を進めてしまうUV‐A波は通してしまいます。さらに、座る位置が決まっていることも多いですから、一方向からの紫外線を浴びてしまうことに。紫外線のダメージは蓄積してしまいますから、特に注意が必要です。カーテンも薄かったりUVカットがされていないものは、UV‐A波を通してしまいますので、室内にいてもUV対策を忘れずにしておきましょう。

 

●ショッピング中の紫外線

「建物からの照り返し」
最近は、ガラスを多用している建物も多いですから、ショッピング中の紫外線にも注意しましょう。実は、建物からの照り返しでUV量は10%もプラスされてしまうこともあるんです。ビルが立ち並ぶ所を歩くときには、この照り返しも考慮することが大切です。日陰であっても紫外線を浴びることもありますので、しっかりとしたUV対策が必要になりますよ。

 

「地面からの照り返し」
上から降り注ぐ紫外線に気を付けていても、地面からの照り返しにより紫外線は忘れがちになってしまいます。実は、アスファルトからの照り返しも10%ほどUV量がプラスされてしまいます。帽子をかぶったり日傘をさすだけでなく、下からの紫外線もしっかりガードしておきましょう。
特にアゴの下や、足元は注意が必要ですよ!

 

●夕方の紫外線

 

日中は日射しも強いですから、UV対策をしっかりとしていると思います。
夕方になってくると紫外線量も減るために、ついついUV対策をおこたってしまうことも。しかし、実は夕方でも紫外線量は多いです。確かに日中のピークに比べると半分程度にはなりますが、これでもかなりの量の紫外線を浴びることになってしまいます。日が落ちてしまえば、UV‐A波はぐっと減りますが、それまでは気を抜かずにUV対策をしましょうね。

 

夏の超最強アイテム_UV対策はこちら