spf50 pa++++の下地でシミ防ぐ

紫外線予防の気になるQ&A

 

 

紫外線予防では知っているようで知らないことって意外と多いと思いませんか?
皆さんの中にも紫外線予防のことで「これってどんな意味があるの?」なんて思うアレコレをご紹介していきましょう。

 

Q 日焼け止めに表示されているPA+って商品によって「+」の数が違うけど、どんな意味があるの?

 

A +の数が多いほど効果があると言われています。
PA+は効果があるPA++はかなり効果がある、PA+++は非常に効果があるとなります。最近、PA++++が新しく設置され、これは極めて効果が高いということを示します

 

しかし、常に+が多いものを選ばなくてはいけない訳ではありません。
+の数によって使い心地にも違いがあります。紫外線が非常に強い時期に外出する時には+の多いものを選んだり、自分に肌に合ったものを選ぶなど、その日の行動によって使い分けることをオススメします。

 

 

Q 紫外線防止の成分って何?

 

A紫外線を防止する効果のある成分というのは「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」があります。
まず、紫外線吸収剤というのはエネルギーを一旦吸収して熱などに変えて放出しています。紫外線散乱剤は肌に当たる紫外線を散乱させています。日焼け止めの中には、どちらか一方が含まれていたり、どちらも入っている物があります。配合されている量によって使い心地や効果、機能などが変わります。こちらも自分に合ったものを選ぶようにすると良いでしょう。

 

Q どんな風に日焼け止めを選んだらよいのか分からないのですが…。

 

A その日の行動に合ったSPFやPAの数値の目安を紹介しましょう。

 

◆早朝のジョギング・散歩など
SPF20・PA++が目安です。汗をかきやすいので、汗や水に強いウォータープルーフタイプがオススメです。

 

◆通学・通勤・オフィスワーク
長時間紫外線に当たることはありませんから、数値はそれほど高くなくても大丈夫でしょう。だいたいSPF15・PA+であればOKです。ただ、家を出る時間帯によってはもう少し高めの方がよいかもしれません。

 

◆洗濯干し・近所でお買い物
自宅にいると紫外線予防をしないままに洗濯物を干す人も居るのでは?しかし、たった数分のことでも紫外線はバッチリ浴びてしまうので、日焼け止めを塗るのを忘れずに!SPF20・PA++が目安です。

 

◆軽いスポーツ
汗をかいたり肌や服の摩擦で日焼け止めが取れやすくなります。ウォータープルーフタイプのものを使用し、こまめに塗り直すようにして下さいね。目安はSPF30・PA++以上のものを選びましょう。

 

◆海や山でのアウトドア・運動会など
長時間外にいることになりますから、しっかり予防ができるSPF50・PA+++以上のものを選んで下さい。また、紫外線予防効果のある帽子やサングラスなどグッズも活用すると良いでしょう。

 

◆紫外線に敏感・赤道近くの国への旅行など
しっかり紫外線予防ができるSPF50・PA++++できちんとガードしましょう。こまめに塗り直し、他の紫外線予防グッズも活用しつつ、美白ケアもしっかりとしておきましょう。

 

エリクシール ホワイトSPF50・PA+++デイケアレボリューション とっても優ぐれもの!
40歳の私は、これのおかげで紫外線が強い季節を過ごした後もシミが表面化しませんでした!リピート6回目突入!お試し1260円送料無料です。
エリクシール ホワイト お試し